スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

, コメント (0), トラックバック (0)

入間アウトレットモール

土曜日は天気も良かったのでオープンしたばかりの入間アウトレットモールへと自転車で行ってみた。モンベルに行きたかったのだ。

多摩湖自転車道からのコースはこんな感じである。



帰りは普段走らないところを走ろうとして若干迷子気味。

アウトレットモール近くの道はオープン間もないせいもあり車が大行列を作っていた。それに比べてモール内は想像していた大混雑というほどでもなく、それなりに混雑。まあ土曜日の昼前ということもあるのかもしれない。目的のモンベルで買い物して少しブラブラしていたら、なんとY's Road入間店を見つける。知ってる限りアウトレットモールで自転車屋をみたことはなかったので結構驚いた。アウトレットモールらしく若干傷ありの自転車をB級品として売っていたりする。
このせいなのかはわからないが、ビンディングシューズを履いた人もモール内で数人見掛けた。

せっかく自転車屋があるならスタンドのない自転車を止められるようにした自転車置き場を整備して欲しいものだ。

18:00, コメント (0), トラックバック (0)

多摩川サイクリングロード

多摩川サイクリングロードは羽村〜二子玉川は走ったことがあるが、二子玉川から下流は未経験だった。天気のよい日曜日の朝、家でゴロゴロしているのもモッタイナイので、多摩川下流方向、羽田の飛行機で写真を撮ろうか、川崎で映画でも観てこようかと思案・調査の末発見したのが川崎大師駅前の金山神社の祭。面白そうだから見にいった。

自宅から野川経由で二子玉川に行き、そこで多摩川を川崎側に渡り土手を走り、ガス橋あたりで東京側に戻り、六郷土手まで進んでまた川崎側に橋を渡る。そこからはあとは京急大師線の線路沿いに進んだら川崎大師駅。途中休憩を入れて2時間弱。思ったより早い。

駅前には不思議な格好した人々が多数いた。神社内外は変なテンション。まあ祭だから普通の祭でも興奮気味なのだが、扱ってるものが扱ってるものなので数割増の不思議なテンション。出店をのぞいたら不思議な飴やら手ぬぐいやら、木工やらが販売していた。
30分ほどしてゴリッパ!な御神体の神輿の到着を確認したので帰路へと。復路は途中で昼寝もしてしまったので3時間。

かなまら祭

写真は撮ったが公開できなさそうな画像が多数なので無難な画像を1枚だけ。

09:22, コメント (0), トラックバック (0)

自転車をめぐる冒険

自転車をめぐる冒険
自転車をめぐる冒険
疋田 智

スキンヘッドのTV屋さんで自転車通勤人疋田氏の新刊を購入。
前書きに
だが、そんなことは、いわばどーでもよく、なんだかんだ言いながら本書のメインコンテンツは、めくるめくドロン女史のイラスト&コメントである。

と書いてある通り、本文そっちのけでイラストをながめてしまった。最後までイラストをみたあとに、しょうがないから本文を読むか...という感じ。本文も面白いよ。

08:48, コメント (0), トラックバック (0)

東京自転車抜け道ガイド

東京自転車抜け道ガイド(自転車生活How to books 01)
東京自転車抜け道ガイド(自転車生活How to books 01)
自転車生活ブックス編集部

購入しようかと手に取ったものの10分ほど立ち読みしたら買う必要がなくなってしまった。数カ所のルートで「ああ、こっちを勧めてるのね」という確認ができただけで、新しく知る情報がなかったからである。東京育ちで自転車にアチコチ乗って行る身には不要であった。

去年購入した

多摩川すいすい自転車旅マップ―東京、神奈川、山梨を流れる多摩川全138km完全ガイド (自転車生活ブックス 7)
多摩川すいすい自転車旅マップ―東京、神奈川、山梨を流れる多摩川全138km完全ガイド (自転車生活ブックス 7)
自転車生活ブックス編集部

この本の方が読んでて楽しいのだが、去年から多摩川に行ってないので実際の役にたってないんだよね。

16:31, コメント (1), トラックバック (0)

2009年1月のスーパーママチャリグランプリ

スーパーママチャリグランプリ

2009年1月に開催予定のスーパーママチャリグランプリ。
当分先の話かと思っていたら、既に概要が発表されていた。
http://www.japan-racing.jp/fsw/08/08supermama.htm

ざっと読んだ限りは、20名上限だったのが12名上限に変ったとと、
ペダルとサドルの変更が不可になったことかな。

7月1日から申し込み開始。申し込みますよ。

04:22, コメント (0), トラックバック (0)

Titanium Flat Road EB

くりらじ サイクル メカニクル 2008年2月17日版を昨日聞いてたら、



パナソニックから、チタンフレームで電動アシストなフラットバーロードが発売されたらしいことを知った。

↓これ

Titanium Flat Road EB

価格は60万円弱と高価だけど、これがウケて安い価格帯のものがでてくれば結構面白いかも。

16:20, コメント (0), トラックバック (0)

CYCLE MODE ECO CLASSIC

ツインリンクもてぎ|CYCLE MODE ECO CLASSIC

去年はシマノ主催のツインリンクもてぎでやってたサイクルイベントに参加して、ロードコースを1時間走ってみた

今年はツインリンクもてぎ主催になったようで、ロードコースとオーバルコースをくっつけたコース一周7.2kmを2時間/3時間/6時間走るようだ。
参加するなら2時間ソロかなと思ってるけど、まだ決断ができない。
どうしたもんだろう。

04:52, コメント (0), トラックバック (0)

TOKYOセンチュリーライド2008 in 荒川

TOKYOセンチュリーライド2008 in 荒川 <東京初のセンチュリーライドイベント>

いつの間にやらサイトができてました。

「2008年はハーフセンチュリーライド」

ってことのようで160kmはないみたい。
荒川を河口から秋ケ瀬橋まで走るだけだったら、走ろうと思えば走れるから参加費用払ってまではどうだろう。

22:10, コメント (0), トラックバック (0)

ぐるっと浜名湖ツーリズム!2008浜名湖サイクル・ツーリング-チャリ・DE・浜名湖!!

ぐるっと浜名湖ツーリズム!2008浜名湖サイクル・ツーリング-チャリ・DE・浜名湖!!
レギュラーコース!満員御礼!


浜名湖一周83kmをのんびりサイクリングする「ぐるっと浜名湖ツーリズム」。
去年も気がついたときには応募が終っていたので、気をつけていたのだけどスーパーママチャリグランプリの件でバタバタしていたため、応募しそこねて葉書を出したのが14日の夕方。

今日の時点でもう満員だそうで。この調子だとお断りの連絡がくるようですね。
ちょっと残念。

浜名湖が逃げるわけでもないので、単独で行けばいいんだろうけど、こういうイベントでもないと行かない場所だしね。

22:04, コメント (0), トラックバック (0)

スーパーママチャリグランプリ参加

富士スピードウェイで開催されるスーパーママチャリグランプリ当日。
車にママチャリ積み込んで出発したのが午前1時。

土曜日の予報は雨。
このときは参加者は半減していると想像。寒い冬にわざわざ雨に降られて自転車競争ゴッコをするやつも少ないだろうと考えたのは間違ってはなかったと思う。

東名高速道路の御殿場ICをおりたのが3時、途中の24時間営業のスーパーで買い出しして、富士スピードウェイの入口に到着したのが3時半。入口にはすでに200台くらいは車が待機している。自分を含め物好きが多いなぁというのが最初の感想。

4時開門。順調に入場。ピット裏のBBQエリアとピット内に場所を確保。
この直後、ulgoods氏が持ってくる屋根と薪ストーブにくる前に雨が降りだす。

30分ほどしてulgoods氏が到着。ヨレヨレでタープを貼り今回のために購入したストーブに薪がくべらたようだ。
実はまったく見てない。

雨はどんどん強くなる。しかしどんどん参加者は到着する。若干呆れてたけど、このままレースはやるようだ。参加するかと覚悟を決める。

12人を作って高校の後輩とか、前の前の職場が一緒だったとか、前の職場が一緒だったとか、あっちのコミュニティの知り合いとか、こっちのコミュニティの知り合いとか、わたしを中心にみれば最大2ホップの距離しかないが、参加者からみたら謎の集団なので最初は自己紹介。

8時半にレース開始


異様な盛りあがり。盛り上りつつも淡々とレースは進む。



現場の雨量は凄いが、参加者全員まったく悲惨な感じがない。不思議にみんな楽しんでる。わたしも仮眠をとる予定が完全に徹夜状態だったが、まったく眠くなかったくらい楽しんでた。

チーム12人をつないで7時間終了。455チーム中215位。誰も怪我もなく真ん中より上にいったから良い結果である。

終了後にオフィシャルから呼出しがかかった。
なんと耐久レースの結果以外に「ベストBBQ賞」なる表彰があり。なぜか優勝してしまった。基本的にピットにいたためBBQエリアで何がおこっていたのか把握してなかったのだが、上等な牛肉を焼いたり、肉まん蒸してたり、他が使ってないような薪ストーブを使っていたのが興味を引いたんだと思う。何にせよ貰える賞は嬉しい。

ということで来年も開催されれば是非参加しようと考えてます。

10:07, コメント (1), トラックバック (1)